チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、マイルに国際結婚とおいしいもの

カナダでナチュラルシャンプーお気に入りを探す使い比べ

スポンサーリンク

夏のオーガニック野菜の記事に続き、今回はカナダのドラッグストアなどで購入できるナチュラル系のシャンプーについて。

www.cade.tokyo

ナチュラル系シャンプー(&コンディショナー)が気になる

日本にいた頃はシャンプーは割となんでも良く、髪も丈夫な方だったので香りとコスパと泡立ちの良さで選んで使っていました。

が、カナダに来てからというものの、食に関するドキュメンタリーや記事を見て、そして食品だけでなくいろんなもののオーガニック、ナチュラル系の商品が販売されているのを見て気になり、ちょっとずつ色々調べてみて、少しずつオーガニック系のアイテムを生活に取り入れてみています。

その中から今回はシャンプーについてですが、まずよく言われる一般的なシャンプーの問題点として、環境への影響と、頭皮への影響、これは否定肯定派で大きく分かれるようですが経皮毒と言って皮膚を通して身体に毒素が入り込むという影響が懸念されています。でも経皮毒に関してはあまり根拠となるデータが出てこないのでデマだという説も多いです、かと言って皮膚から有害物質が入り込まないか?と言えばそれもなんとも言えないので有害と言われるようななものはできるだけ避けたいな、と考えています。

その他の水質汚染や薄毛など頭皮/頭髪トラブルなどは使用するシャンプーによる影響が大きそうなので今は身体にも環境にも優しくて使用感も満足できるシャンプーを探しているところです。

 

"Natural"や"Organic"の表記があっても内容物は色々

Natural versus synthetic

There is a general assumption among consumers that "natural" products are better or healthier than similar ones using synthetic ingredients. Often, however, these "natural" ingredients are no different in chemical composition than their synthetic counterparts. In fact, a synthetic substance that mimics a natural one can sometimes provide a purer, more stable ingredient that gives the product a longer usable life.

Cosmetic advertising, labelling and ingredients - Canada.ca

カナダ政府のサイトによると"Natural"成分と合成成分の間に差はほとんど無いとのこと。でもここに書いてあるように、ナチュラルって書いてあると似たような合成成分を使用した製品よりも良さそうに感じますよね。

同ページにオーガニックに関しても記載があり、"Organic"とは植物や他の天然物質が農薬無しで生産されていることを意味する用語であり、州など地域によって基準は異なるものの基本的には製品全体の95%以上がオーガニック成分から作られている場合にオーガニックと表示されている。とのこと。

でもオーガニック製品が必ずしも身体に優しいものというとそれも違くて、記事にもあるように"オーガニック"もナチュラルと同様言ったもん勝ち的な部分があり、合成や化学成分、石油由来のものなどもオーガニックシャンプー等から見つかっているということなので、現時点ではパッケージのラベルはナチュラル系を意識して作られているっていう目安でしか無いのかなあ、という感じです。もっと色々データが欲しいので早く日本語並みに英語をスラスラと読めるようになりたい・・

 

避けるべき成分

"Organic"や"Natural"という記載で判断できないとなれば、自分たちでパッケージに記載された成分を確認するしか今のところは無さそうです。

とは言っても、なかなか覚えられないし面倒くさがりなのでよく出てくる"Sulfate"や発ガン性があると言われているホルムアルデヒドなどからちょっとずつ覚えていきたいと思います。シャンプー以外に商品を探す時も役立ちそう?

下記以外にも日常使いしない方が良い成分などがあるかと思いますがキリがなさそうなのでよく出てくる成分をいくつか。

 

  • Sodium laureth sulfate : ラウレス硫酸ナトリウム
  • Sodium lauryl sulfate (SLS) : ラウリル硫酸ナトリウム
  • Ammonium lauryl sulfate : ラウリル硫酸アンモニウム
  • Diethanolamine (DEA) : ジエタノールアミン
  • Triethanolamine (TEA) : トリエタノールアミン
  • Parabens : パラベン
  • Polyethylene glycol : ポリエチエングリコール
  • Alcohol (if listed as one of the first four ingredients) : アルコール(成分表示の最初の4つのうちにアルコールが含まれている場合は避けるべき)
  • Synthetic Fragrance/Parfum : 合成香料
  • Propylene Glycol (aka anti-freeze) : プロピレングリコール(凍結防止剤)
  • Dimethicone : ジメチコン
  • Formaldehyde : ホルムアルデヒド
  • Petrolatum : ペトロラタム
  • Siloxanes (ending in -siloxane or -methicone) : シロキサン(成分名の終わりが-siloxaneや-methiconeと記載されたもの)

 

今までに試したナチュラル&オーガニックシャンプー

色々調べてみれば安全なシャンプーなどは出てくるけど、でも使い心地も香りも大事なポイント。あとできれば簡単にドラッグストアで手に入るものがいい(探してみると思ったよりナチュラル系のものが色々ある)。

ということでとりあえずは身近にあるナチュラル系シャンプーを色々試してみることにしました。(ちなみにコンディショナーは割となんでも良い方なのでシャンプーメインの評価です)

AVALON ORGANICS (シャンプー/コンディショナー各$10くらい)

f:id:holbaek:20181013065842j:image

一番最初に自分で買ってみたオーガニックシャンプー

ラベンダーの香りが好きなので買ってみたものの、泡立ちがめちゃめちゃ弱くシャンプー中は髪が絡まり、仕上がりもパサつくためJさんに渡したところ、洗い上がりの香りが弱いところや使い心地が気に入ったようでそのまま使っています。コンディショナーもシャンプー同様かなりライトなタイプなのでしっとりを求めてる方には物足りないと思います。その分ナチュラルなの使ってる!感は満載です。

また、今は自分では使ってないですがパッケージが好きなのでシャワールームに置いてあるのを見るのが好きです。笑

髪が長い人にはAVALONを継続して使うのは難しそうですが、たっぷりたっぷりシャンプーを手にとってたっぷり時間をかけて洗うことに抵抗が無い方、髪の短い方には良いかと思います。

 

ちなみに上記のグリーンのボトルのものより、こっちのブルーの方が安全面での評価が高かったです。

Maui MOISTURE (各$12くらい)

f:id:holbaek:20181013065839j:image

こちらはAVALONに比べるとオーガニックでは無く、このシャンプーに含まれているSodium C14-16 Olefin Sulfonateという合成界面活性剤はあまりよくないとか?

Mauiは実はAVALONと比べかなり泡立ちがよく使い心地はとても良し。専門家なのでわかりませんが、"合成界面活性剤が泡立ちを良くする"としばし言われているのでこの使い心地の良さは上記の成分のおかげだったのかも・・と。

でもその他成分は素人目には問題なさそう。香りも甘ったるさがなく、森っぽい感じ?が気に入っていて、今のところこれが一番好きです。5種類くらい髪質やカラーした髪向けなどに展開があり、他の香りも良さそうでした。

ATTITUDE SUPER leaves (多分$10くらい)

f:id:holbaek:20181013065845j:image

シャンプーの方が減りが早かったので予備用にシャンプーだけ買ってみました。こちらはカナダ生まれの商品です。

これが今までのナチュラル系の中では一番安全面での評価が良さそう。

"EWG VERIFIED"というこのマークがついたものは信頼できる安全な商品の証で、EWG | Environmental Working Groupというのは記事の最初にご紹介した野菜の農薬のことなどを評価しているアメリカの団体です。

この団体のSkin Deepというサイトでは商品名を入力するとその製品の安全性を確認することができます。アメリカの団体ですが、このATTITUDEなどカナダの商品もデータがあるので結構便利です。

 

シャンプーの話に戻り、こちらは使い心地はまあまあでMauiとAVALONの中間くらい。しかし香りが微妙。ボトルから匂いを嗅ぐよりも使ってみた方が微妙だったのでATTITUDEの他のシリーズをトライするのはとりあえず保留かな。この黄色いボトルより、カラーリングした髪向けのタイプの方がどちらかと言うと香りは良かったです。

Attitude Natural Shampoo - Moisture Rich Quinoa & Jojoba 16 Fluid Ounce [並行輸入品]

日本のamazonだと6倍くらいの価格でびっくり・・

 

Hair Food (各$12くらい) ※11月7日追加

f:id:holbaek:20181108011622j:image

そういえばATTITUDEよりも前に買っていたのを忘れていた、Hair Foodのシャンプー&コンディショナー

香りはとてもフルーティで、そこそこ泡立ちも良い。でもなんだか洗いすぎなのか潤いが足りないのか、洗い上がりのキシキシ感が気になってこんな大きなボトルどうしよう・・と思っていたところ、夏に遊びに来た母が洗い上がりのさっぱり感が気に入り"カナダで買って帰る!"というのでほとんど使っていなかったシャンプーとコンディショナーを日本に持って帰ってもらいました。ということでスーパーで見かけて思い出したのでその場でパシャリ。

とにかくこのフルーティな香りが特徴で、若い女の子ウケが良さそう。(中年のおばさんも気に入って持って帰ったけど)

成分的にはSulfateも入ってるしコンディショナーはSiliconeも入ってるのでわざわざキシキシを選んでこれ買う必要もないかな。

 

という訳で、あまりストイックにならず、でもできれば安全なものを選びたい。というにわかナチュラル派ですが今後も色々試してみて自分に合うのを見つけられればと思います。また、新しいものを試してみ次第こちらの記事に追加していく予定です。

2018/11/7 Hair Food 追加