チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、マイルに国際結婚とおいしいもの

【カタール航空】QR040 パリ→ドーハ A380 ビジネスクラス

スポンサーリンク

帰りも機内ラウンジ付きA380でドーハへ


帰りもファストトラックチケットをいただいていたのですいすいと進んでいけます。


行きのドーハからパリの便で撮れていなかった、A380機内の2階に上がる階段です。
2階といっても階段の段数はわずかだった気がしますが、別の階に行けるというのはなんだか特別感があってワクワクします。


日中の便でしたので前回の便と同様窓際を選択。
前回の便についてはこちら↓から
www.cade.tokyo
アメニティは今回もBRIC'Sです。この便でも前の便でも便によって色は異なるもののアメニティケースは2色で前後左右の席の方と違う色になるように配置されていました。全部で何色あるのでしょうか。


フレッシュジュースのため乗る便によって味が異なるオレンジジュース


前回の便の機内ラウンジでいただいたポルトワインはこちらでした。
キャラメルのような甘くてビターな香りが最高でした。


パリでもたくさん広告を見たIsle of Dogsだ!と思ったけどトレーラーでした。公開前なのでそりゃそうか。
前にも載せたかもしれませんが足元広々!シートを倒さなければ160ちょっとの身長ではフットレストまでぜーんぜん届きません〜

機内食


見づらくて申し訳ないですが今回の機内食メニュー
6時間半のフライトなので1ページ分です


アミューズはエビと、卵っぽいふわっとしたクリーム
結構味は濃いめです〜


Signature Arabic mezze
行きの羽田からドーハの便で食べようと思って着陸前に頼んでみたら品切れになっちゃってたメッツェ!
ちなみに前回の便の途中からパンは要らないかもと気づいてパン無しのオーダーにしているのですがこのアラビックブレッドはそのままつけてもらいました。
左からMoutabel(ムタベル?なんと読むのだろう)という茄子のクリーム状のようなふんわりとしたペースト、ひよこ豆のペーストHummus(フムス)、大量のパセリをメインとしたレモン味のさっぱりサラダ?Tabouleh(タブーレ)
フムス以外は初めてでワクワクして食べました。
あんまり食欲が無かったのもあって味もよく分からなかったのでお茄子のやつとタブーレは中東系のレストランでまた試してみたいかも。機内食じゃ本当の味は分からないもんね。けどデンマークの寮で食べたフムスの方が美味しかったです。
アラビックブレットはカチカチしてました。オリジナルを知らないのでなんとも言えませんがナンみたいなもちもち生地だったらよかったなあ。


Chicken Biryani
カナダのインド料理屋さんで食べて気に入ったチキンビリヤニ!
チキンが柔らかくてスパイスも効いていて美味しかったです。もうちょっと水分を含んでいるかライタみたいなディップみたいなのがあればもっと美味しかっただろうなー!結構ボリューミィでした。


Afternoon tea
こちらは着陸前の遅い時間にJさんが頼んでいたアフタヌーンティー。
お腹いっぱいだったので味見はパスしました。味は「うん、美味しいよ」と棒読みだったため不明。

機内ラウンジ


食べたり寝たりで忙しいけれどやっぱりこの区間が最後だし気になってしまいラウンジにお茶しに行きました。
こんな感じで、結構お客さんとクルーの方が近い感じで、街中のバーのように会話を楽しんで皆さんゆったり過ごされています。


Jさんはシャンパンを私はカルダモンチャイをオーダー。
ちょっと甘くしすぎちゃったかしら、とクルーの方が仰っていましたがチャイは甘い方が美味しい気がしますし、これも美味しかった!チャイは今までマサラチャイしか試したことなかったけど、カルダモンのチャイってこんなに美味しいんだ!と新しい発見。カナダにはインド系の移民がたくさんいて、チャイも種類豊富だから今度見かけたときはカルダモンチャイを買ってみよう。


今回もカウンターにディスプレイされたものの中からデザートをいただきました。
私のはパンナコッタかな。Jさんのはクッキーアンドクリームっぽい感じのデザート。


スプーンのデザイン、重量感ともにとてもいい!このカップにはちょっと大きいけれど。
と、ラウンジを満喫したA380の旅でした。ビジネスに乗ると10時間以下の旅はあっという間、しかもラウンジまであるとなると6時間半は瞬く間にすぎて行きます。
次回はドーハのラウンジ編です。からのドーハから羽田の帰国便、パリの旅行・・いつJALの記事にたどり着くことやら〜


カタール航空関連記事はこちら↓から
www.cade.tokyo
www.cade.tokyo
www.cade.tokyo