チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、マイルに国際結婚とおいしいもの

【カタール航空】QR813 羽田→ドーハ A350ビジネスクラス

スポンサーリンク

先日7泊9日のハネムーンから帰国しました。

ハネムーンなのに婚約指輪も結婚指輪もどっちも自宅に忘れていったコミです。

 

パリ・モンサンミッシェルへの旅行と同じくらい満喫したカタール航空(QATAR AIRWAYS)での計4回のフライトも各路線に分けて搭乗記をお伝えしていきたいと思います〜

 

羽田空港国際線ターミナル

f:id:holbaek:20180414044242j:image

 

11月ぶりの羽田国際線ビル!

夜勤で羽田へ出勤していた時の記憶が蘇ります〜本当に退職してから、今でも夜寝て昼生活する幸せを噛み締めまくっています。

空港に限らず夜勤で働く方々に猛烈感謝。

 

f:id:holbaek:20180414044302j:image

カタール航空は以前はモノレールを降りて保安検査場を向いて一番右はじにあるカウンターでのチェックインでしたがここ数年は左側。

初めてのビジネスクラスで、チェックインカウンターに並ぶだけでドキドキ。笑

 

f:id:holbaek:20180414044320j:image

乗り継ぎ便の時にはエコノミーでもチケットホルダーに入れてチケットを渡されますが今回は色もシックにシルバーで上質な紙でした。小窓が開いてて必要な情報が見えます。

フライトは0:01発の予定でしたが0:15に変更されていました。

特に日曜、月曜の早朝にビジネスマンで激混みする羽田ですが深夜便はそこまででもなく、あっという間に出国、セキュリティーエリアに入りました。

 

カタール航空利用で使える羽田のラウンジ

f:id:holbaek:20180414044334j:image

カタール航空の自社ラウンジは羽田にはないので、

 

f:id:holbaek:20180414044346j:image

同じくワンワールドのJALのサクララウンジが利用できます。

国際線のサクララウンジも初めてだったのでワクワク。サクララウンジSKY VIEWという、本館と別の方のラウンジにしました。

本館の4F, 5Fとスカイビューで3箇所利用が可能です。詳細は下記サイトから。

JAL国際線 - 羽田空港「サクララウンジ」リニューアル

 

スポンサーリンク

 

f:id:holbaek:20180414044420j:image

中に入るとこんな感じです。

 

f:id:holbaek:20180414045557j:image

ラウンジ内のマップです。

 

f:id:holbaek:20180414044543j:image

入ってすぐ右手はダイニングエリアで、

 

f:id:holbaek:20180414044526j:image

左側はいろんな種類の椅子が並んでます。

この時間はかなり空いていました。本館の方が混むのでしょうか?

 

f:id:holbaek:20180414045439j:image

使わなかったけどこんなスペースも。

リラックスできる空間がたっぷりです。

 

f:id:holbaek:20180414045500j:image

そしてこの半個室の中には

 

f:id:holbaek:20180414045514j:image

マッサージチェアが設置されています。

Jさんが気に入ってしばらく埋もれていました。

 

f:id:holbaek:20180414045536j:image

SKY VIEWというだけあって見晴らしが良いようなのですが夜だと窓に反射してしまってあまり外は見えませんでした。

 

ダイニングエリアの方に戻ると、

 

f:id:holbaek:20180414102020j:image

こちらはドリンクコーナー 

 

f:id:holbaek:20180414045637j:image

この、日本のあわというのを飲んでみました。が、お酒の味の違いはよくわかりません〜(役立たず〜)

このドリンクのラインナップだけでも国内線のサクララウンジとは大違いですね。

 

f:id:holbaek:20180414045655j:image

妙なアングルになってしまったフードコーナーです。

カジュアルなホテルのビュッフェのようなラインナップで、特にこれといって興味を引くものはありませんでした。

 

f:id:holbaek:20180414045710j:image

グリーンカレーパンはちょっと気になるけど、そもそもパンにあまり関心がない上に夜も遅くてパンを食べる気にはならずパスです。

 

f:id:holbaek:20180414045724j:image

メゾンカイザーのパンということできっと美味しいんだろうな〜

でもメゾンカイザーならクロワッサンオンザマンドが食べたいなあ。

 

f:id:holbaek:20180414045737j:image

遅い時間でしたがお腹も空いていたので初めてのJALカレー!と、スープ、ちょろっと中華と手まり寿司をJさんとシェアしました。

たくさんよそってあるように見えますがお皿が小さいので実際はそうでもないです。

カレーはちょっと期待しすぎていたのでこんなものか、という感じでした。Jさんは気に入ったようです。私はこの中ではスープが一番美味しかったです。

 

f:id:holbaek:20180414045753j:image

もうちょっと何かつまみたいな〜と韓国系のスープとサラダを取ってきましたがこっちのスープは微妙でした。野菜は、ビュッフェ形式なので仕方ないですがちょっとくたびれていたのが残念です。

 

f:id:holbaek:20180414045811j:image

時間帯によってはもう少し豪華になるのでしょうか?このスペースは活用されるのでしょうか?このカウンターの周りには誰もいませんでした。

あとは印刷が必要なものがあったのでプリンターを利用させてもらいましたが、機器は古く、メールでのファイル転送式でプリント設定はできず、しかもカラーなのかモノクロの設定なのか黄色と黒の2色でプリントされた紙が出てきました。

なのでパリで使うJさんのNavigo用の写真はプリントできず諦めラウンジを出ることにしました。

 

 

QR813便 機内の様子 

f:id:holbaek:20180414050011j:image

ヘリンボーン式でビジネスクラスのすべてのシートが斜めを向いています。

1-2-1の配列でとってもゆったり!1席あたり窓3つ分かな?

 

f:id:holbaek:20180414050030j:image

写り込んでいるイヤフォンはJさんのもので、ノイズキャンセリングのヘッドフォンが用意されています。

エコノミーと違ってクッションがボリューミィ!

 

f:id:holbaek:20180414050044j:image

私たちはA350のビジネス最後列の真ん中、9Eと9Fです。

 

f:id:holbaek:20180414050122j:image

この引き出しの中にはスリッパが入っていました。

低めのヒールの靴ならそのまま収納できます。ブーツとかは難しいです。

 

f:id:holbaek:20180414050141j:image

ウェルカムドリンクはJさんがシャンパン、私がフレッシュオレンジジュースです。

このオレンジジュース、本当にフレッシュだからか路線によってだいぶ味が違いました。基本的にはしっかり甘めですがやや苦めのもありました。

あとは羽田↔︎ドーハ間のA350の機内では往復共にウェルカムドリンクでシャンパンのオーダーが可能でしたがドーハ↔︎パリ間のA380では離陸後のみシャンパンの提供が可能ということでした。

アメニティは、ジョルジオアルマーニです。全路線BRIC'Sだと思っていたらまさかのアルマーニ!ソフトケースのが使い勝手良さそうだな〜と思っていたので嬉しいサプライズです。

ちなみにブリックスは男女兼用の中身でしたがアルマーニは男女でアメニティが分かれていました。

アメニティのポーチやパジャマに関してはまとめて別の記事で載せたいと思います〜

 

f:id:holbaek:20180414050201j:image

収納スペースがあちこちにあり、肘掛の中にはノイズキャンセリングヘッドフォンが入っています。

 

f:id:holbaek:20180414050359j:image

お水は肘掛の後ろ側、頭に近い位置に用意されています。

あとこの飛び出しているのはライトで、頭上からのものと頭の横からの2つのライトがあります。頭の横のは、向きが調整できるのはいいですがほとんど使うことはなかったです。

 

f:id:holbaek:20180414050435j:image

シートはボタンで操作が可能です。肘掛だけ、足元だけ、背面だけをバラバラで動かしたり、左下4つはまとめて各部分が動きます。

右下3つはちょっとよくわからなかったのですが右下から3つめの矢印が2つのボタンを押したら微弱なマッサージチェアとして背面が動き続けていました。あまり需要はなさそうな感じです。

 

f:id:holbaek:20180414050216j:image

ベッドのマークを長押ししフルフラットにするとシートの足元の部分が持ち上がり、スクリーン下のオットマンまで伸びていき繋がります。

シートを動かさない状態だと160ちょっとの身長の私ではオットマンまで足が届かないくらいとっても広々です。この写真の時はちょっとリクラインングをいじってます。

 

f:id:holbaek:20180414050344j:image

お食事の前だったと思うのですがパジャマも配られました。

サイズはクルーの方が選んで持ってきてくださり、私はS/M、JさんはL/XLのサイズを渡されていました。L/XLはでかいです。

また、私のS/Mもパンツの丈はちょうどいいのになぜが袖がめちゃくちゃ長かったのでチンパンジー的な体型の方にフィットしそうです。たまたま私のがハズレだったのでしょうか〜

ちなみに羽田↔︎ドーハ間では往復でパジャマが配布されましたが、これもアメニティポーチ同様なぜかブランドもデザインも全く異なります。在庫の調整?

触り心地的にはこちらが気持ちいいのですが何せチンパンジーなので残念です。

 

f:id:holbaek:20180414050628j:image

パジャマはお手洗いで着替えます。

お手洗いは広さなどもエコノミーと変わらない感じですし、内装も一緒なのかな?

 

f:id:holbaek:20180414050645j:image

お手洗いのアメニティで歯ブラシセットとシェイバーがありました。

 

オンデマンド方式で自由度の高い機内食

f:id:holbaek:20180414050258j:image

メニューはドリンクとフードで2冊配られます。

オンデマンド方式で、いつでも好きな時に、好きなだけオーダーすることができます。

 

f:id:holbaek:20180414050310j:image

深夜便なので夕食と朝食と軽食が用意されています。

オーダーは本当に自由なのでデザートから開始して前菜で終わっても構いません。

 

f:id:holbaek:20180414050325j:image

4路線のうちこの路線が一番メニューが豊富でした。

ただ安定飛行に入ってからだと1:00頃と時間も時間なので胃がなかなかやる気を起こしてくれません〜

 

f:id:holbaek:20180415180522j:image

この時のフライトでドリンクメニューの写真を撮り忘れていたのでドーハ→パリ間で撮ったドリンクメニューです。

日本路線の時にはキリンビールやほうじ茶などJapanese beveragesが少しありましたが他は共通だったと思います。

 

f:id:holbaek:20180414050451j:image

安定飛行に入ってからの最初のドリンクはモクテル(アルコールフリードリンク)から、Spiced Tomato Juiceです。

中身はトマトジュース、タバスコ、ウスターソース、レモンスライスです。

ちょっと胃を目覚めさせようかと頼んで見ましたが予想外のスパイシーさでした。冷たいスープのような感じです。これは氷無しだったらよかったなあ。

アルコールや、こういったモクテルなどを頼むと温められたナッツも一緒に提供されます。でもちょっと量が多いです〜

 

f:id:holbaek:20180414050507j:image

オーダーしたミールの前にアミューズです。

これは串にささったえびとしいたけ、柚子味噌ソースです。

パンにつけるオリーブオイルはバルサミコやレモンなど選択できます。

 

f:id:holbaek:20180414050519j:image

アップにするとこんな感じ。濃いめのソースでした。

 

f:id:holbaek:20180414050532j:image

前菜は赤ピーマンのロースト入りスープです。

割と酸味が効いていて、このアワアワもパクチーっぽい味でした。

 

f:id:holbaek:20180414050544j:image

メインを食べる気にはならなかったので地中海サラダを頼んでみたのですが、かなりブルーチーズの主張が激くてお野菜と合わずこれは微妙でした。

他にもこれを頼んでる方が周りにいたようで、機内の匂いも結構きつかったです。笑

 

f:id:holbaek:20180414050557j:image

Jさんはメインから鶏のグリル

 

f:id:holbaek:20180414050609j:image

私はデザートからグルメアイスクリーム

アイスは普通でした。結構カチカチ。でもこの添えてあるクッキーは美味しかったです。

 

ここでお腹も一杯になりそろそろ眠くなってきたのでベッドメイクをしてもらいます。

 

 

f:id:holbaek:20180414050243j:image

お手洗いでパジャマに着替えている間にフルフラットにし、シーツをかけてもらいました。

このシーツは肌触りが良くて気持ち良いです。

寝る時間が遅かったのもありますがとーってもぐっすり眠れました。エコノミーだと普段は何度も起きては寝てを繰り返し続けますが、この時は一回でたっぷり睡眠を取れました。

 

f:id:holbaek:20180414050723j:image

しばらく寝たのち映画を探していると朝食をどうするか声をかけられたのでイチゴとバナナのスムージーとスモークツナとポテトのサラダをオーダー

スムージーはドーハのOryxラウンジでも同じものが提供されていましたがカタールはスムージーが美味しいです。

 

f:id:holbaek:20180414050740j:image

サラダのアップです。

ケイパーが乗ってるのが嬉しい。スモークサーモンよりこのスモークツナの方がさっぱり食べられる感じです。これは美味しかったです。

 

f:id:holbaek:20180414050753j:image

デザートにバターミルクワッフルをオーダー

トースターで温められているわけではないのでワッフルがしおしおなのはちょっと微妙でしたが味は良かったです。申し訳程度のクリームはもう少し乗っていれば嬉しかったな〜

バナナもフニャフニャでした。笑

 

f:id:holbaek:20180414050806j:image

Jさんはトマトのオムレツを頼んでいました。

食べてないけど卵はかなりしっかりと火が通っている感じですね。

 

ドーハへ到着 

f:id:holbaek:20180414050856j:image

お食事が済んでしばらくすると機内の照明が少しずつ明るくなってきました。

約12時間のフライトでしたがお食事も睡眠も満足でき、あっという間に到着です。

 

f:id:holbaek:20180414050957j:image

以前エコノミーに乗った時はなかったと思うのですがRear Cameraというので機体の上についたカメラで飛行中の機体とその下の景色を同時に見ることができます。

上空の高いところにいると雲で真っ白だったりしますが着陸間近になると街の景色なども見られて楽しいです。

 

f:id:holbaek:20180414051009j:image

Downward Cameraという、機体下が見られるものもあります。これも面白い〜

窓際じゃないとなかなか景色を見られなかったり、窓側から見下ろしても翼が邪魔になってあまりよく見えなかったするので私はRear Cameraの方がいいかも、と思いました。

 

というわけでドーハに到着です。

乗り継ぎ時間的にラウンジ利用の時間はありませんでしたが帰りの便では7時間の滞在だったのでドーハのビジネスラウンジについてもまた別の記事でお伝えしたいと思います。

次はドーハ→パリ便です〜

 

 

関連記事はこちら↓から

www.cade.tokyo
www.cade.tokyo

www.cade.tokyo

www.cade.tokyo

www.cade.tokyo

www.cade.tokyo

www.cade.tokyo